竹光侍 5

编辑:擂鼓网互动百科 时间:2020-01-23 11:35:03
编辑 锁定
《竹光侍 5》是2008年小学馆出版的图书,原作者是永福一成 ,绘画者松本大洋。
书    名
竹光侍 5
作    者
原作:永福一成,畫:松本大洋
ISBN
9784091821904
页    数
196頁
定    价
900円(税込)
出版社
小学館
出版时间
2008-9-30
装    帧
A5判
丛    书
  竹光侍

竹光侍 5内容简介

编辑
江戸のかたぎ长屋に住みついた浪人、瀬能宗一郎。剣の腕は立つが素顿狂。何を起こすか、起こさぬか…!? 盟友・永福一成の原作を得て、松本大洋が新たなスタイルで江戸を描く!!
▼第41话/かみなりさま▼第42话/旗本、三男、见ル梦ハ▼第43话/森佐々太郎の気概▼第44话/集光▼第45话/遁走の木久地▼第46话/马と男▼第47话/山の思い出▼第48话/人斩り▼第49话/臆病风ぴゅう▼第50话/信浓の事 江戸の日々
●主な登场人物/瀬能宗一郎(江戸のかたぎ长屋に住みついた浪人)
●あらすじ/十月末、江戸の町は季节外れの大雨に见舞われていた。勘吉ら子供たちを相手に、雷様の话を闻かせていた宗一郎であったが、川の桥も悲鸣を上げんばかりの豪雨に、决然外に飞び出して「子らが臆しておるだろうがっ!!」と空に向かって一喝する。するとたちまち空は晴れ渡り…? 一方、雨の间いきり立ってうめき声を上げていた小伝马町牢屋敷内の木久地は…(第41话)。
●本巻の特徴/今や、狱の住人となった木久地真之介。信浓からの刺客・森佐々太郎、遅すぎた侍・御舆大三朗、みな宗一郎の廻りを巡っております。永福が书き、大洋が描く斩新作第5集!!
●その他の登场人物/勘吉(宗一郎の隣人。大工の息子。侍の行动に兴味津々)、木久地真之介(宗一郎に「いずれお前を斩る」と言った男)、森佐々太郎(多岐家の近习头。大村崎の懐刀)[1] 

竹光侍 5作者简介

编辑
松本大洋,日本漫画家。1967年生于东京,1985年进入和光大学文学系艺术专业,两年后退学。大学时加入过漫画社,自此开始漫画创作。1986年,作品《Straight》获讲坛社漫画杂志《Afternoon》举办的四季新人奖"秋季奖"准入选奖。虽然此作品开始在讲谈社的漫画杂志上开始连载。后转投小学馆,他连续推出了《ZERO》、《花男》、《恶童》、《乒乓》以及短篇作品《青春》,奠定了在漫画界的独特地位。
参考资料
词条标签:
出版物 书籍